沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・ケミカルピーリング編 » ケミカルピーリングの効果は?メリット、デメリットとともに解説

ケミカルピーリングの効果は?メリット、デメリットとともに解説

ケミカルピーリングにはどのようなメリット・デメリットがあるのか?その効果について解説します。

ケミカルピーリングのメリットについて

ケミカルピーリングのメリットは、広範囲にわたる肌トラブルの改善にあります。ニキビやニキビ跡、小さなシミや小じわ、乾燥、ソバカス、色素沈着などに対応できる施術のため、根本的な肌の治療をしたい方に向いています。エステやセルフケアで行えるピーリングは、肌の表面を滑らかにするだけなのでケミカルピーリングのような治療効果は望めません。肌の深層部まで改善していく根本的な肌治療を望むのであれば、ケミカルピーリングを行うことをおすすめします。

他にも、ケミカルピーリングのメリットとして、美容整形外科での他の肌治療方法に比べて負担が少ないという点があげられます。治療後にかさぶたができるのを待つなどのダウンタイムもなく、日常生活に支障をきたさず治療をすることが可能です。しかし、薬剤の刺激が強い場合は、かさぶたができる場合もあります。事前に医師とよく相談して、施術中にも十分なケアをしてもらいながら進めていくようにしましょう。

高い肌治療効果を望めるケミカルピーリングは、高濃度の化学薬品を使用します。それゆえに、使われる薬剤は、医療機関でのみ使用が認可されているものばかり。つまりケミカルピーリングは、医療機関でしか行えない治療方法なのです。基本的に、国内では他に市販などされていませんから、美容整形外科でのケミカルピーリングは、施術できるだけでメリットがあります。しかし、誤った使用法をすると、かえって肌トラブルを招きかねないため、実績のあるドクターを選ぶことも重要です。

ケミカルピーリングのデメリットについて

ケミカルピーリングのデメリットになり得ることといえば、ある程度の期間にわたって治療が必要になるという点です。高い効果を望めるケミカルピーリングですが、1回の施術で十分な効果が出るかどうかには個人差もあります。そのため、2~4週間のインターバルを取りながら、複数回の通院をすることが一般的です。複数回の通院になると予算も関係してくるため、あらかじめ支払える範囲であるかどうかを確認しておきましょう。

ケミカルピーリングで角質を取り除くと、新しい角質が持ち上がってくるまでは、肌のバリア機能が極端に低下してしまいます。そのため、外敵などによる肌荒れが発生しやすい状態です。紫外線を浴びるときなど、万全のケアをしなければならず、乾燥などにも気を付ける必要があります。美容整形外科に行ったという安心感から、日焼け止めを塗るのを怠ったり、保湿ケアを十分に行わなかったりということは避けなければなりません。

ケミカルピーリングのデメリットとしてもう1つあげられるのが、保険適用外の治療になるという点です。健康保険を使用できないということになると、かかった費用が全て自分持ちになってしまいます。また、塗布時間の見極めが難しいため、あまり慣れない人が施術をすると、失敗してしまう可能性があります。ケミカルピーリングで実績のある美容整形外科を選ぶことや、ケミカルピーリングの費用が自分の予算に合っていることなどもチェックが必要です。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド