沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・フェイスリフト編 » フェイスリフトの効果は?メリット、デメリットとともに解説

フェイスリフトの効果は?メリット、デメリットとともに解説

フェイスリフトにはどのようなメリット・デメリットがあるのか?その効果について解説します。

フェイスリフトのメリットについて

フェイスリフトのメリットは、美容整形外科での施術によってたるみを改善したり、フェイスラインを整えたりすることができる点です。フェイスリフトの方法によってもメリットは異なりますが、メスを使用するフェイスリフト法であれば、半永久的な効果が見込まれます。一方、メスこそ使用しませんが、針を刺して特殊な糸を皮膚内に埋め込むことでフェイスリフトを狙う美容法も、その持続性に期待できるでしょう。レーザーや高周波などの美容機器を使ったフェイスリフトは、肌に負担が少ないのがメリットです。ダウンタイムが少ないため、気軽に通院することができるでしょう。同じく気軽にトライできるフェイスリフトとしては、注入系の方法があります。こちらも費用・施術時間ともにライトなため、人気を博しています。

フェイスリフト法にはさまざまな種類があるため、それぞれの方法を組み合わせることによって、より高いメリットを得ようとすることも可能です。実績ある腕の良い医師であれば、自分の希望に沿った最大限の効果が出る施術方法を提案してくれます。切開と糸を組み合わせる方法もあり、どれが合っているのか悩んでいる方は検討してみる余地がありそうです。

顔のフェイスリフトには、バランスも重要になります。前から見たバランスと横から見たバランス、それぞれを整えることが大切になるため、細かい部分にまで注意して最善の提案をしてくれる医師と出会うのが理想です。リスクを回避しつつも、高いメリットを得られるフェイスリフトを目指してください。

フェイスリフトのデメリットについて

フェイスリフトのデメリットは、施術方法によっても異なります。例えば、メスを使用する切開手術では、傷跡が残ることを避けられません。ダウンタイムも長くなり、半永久的な効果が望める半面でハイリスクなフェイスリフト方法だといえるでしょう。切開と他のフェイスリフト方法を組み合わせる方法でも、同様です。

比較的ローリスクなフェイスリフト方法の場合、持続期間が限定されているなどのデメリットがあります。気軽にトライできる一方で、効果を持続させるためには、定期的な施術を受ける必要が出てくるのです。そのため、費用負担に影響が出てくるなどのデメリットも考えられます。

ローリスクなフェイスリフト法というと、レーザーや高周波などを用いた美容機器やボトックス注入、ヒアルロン酸注入など注入系のフェイスリフト法もあります。施術時間が短いうえ、リスクも低く施術法も簡単、しかもリピーターを見込めるとあって、実績があまりない美容整形外科でもこれらの施術法をアピールしている場合があります。そのような美容整形外科で施術を受けた場合、希望するポイントの見極めを誤って、思うような効果を得られないデメリットにつながりかねません。安易な判断でフェイスリフト方法や美容整形外科を選ばないように注意して、フェイスリフトで実績の高い美容整形外科へカウンセリングに行くことをおすすめします。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド