沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・フェイスリフト編 » 気になるフェイスリフトの痛みについて

気になるフェイスリフトの痛みについて

フェイスリフトの施術の痛みについて

フェイスリフトの痛みは、フェイスリフトの施術方法によって差が出てきます。切開を行うフェイスリフト法はもちろんですが、注入系のフェイスリフト法でも麻酔を使用することになります。そのため、施術中の痛みは心配ありません。ダウンタイムに腫れなどが生じることはありますが、次第に引いてきます。美容機器でのフェイスリフトの場合、熱による刺激を感じることがあるため、痛みに弱い方は事前に医師に相談しておきましょう。

施術中の痛みを抑える方法はある?

フェイスリフトの治療内容によりますが、施術時には麻酔を使用するので、痛みはほぼありません。麻酔の内容は局所麻酔だけの場合もあれば、希望によっては全身麻酔を行う場合もあります。また、痛みや腫れを軽減させる先進医療に取り組んでいるクリニックもあるので、事前に調べておくと良いでしょう。

フェイスリフトの施術後のダウンタイムについて

ダウンタイムについても治療内容によって違いますが、切らない手術の場合は1~2日、切開手術の場合は1~4週間程度と見ておきましょう。ただし、切らない場合でも内出血などが生じてダウンタイムが長引く場合もありますし、逆に切開手術でも施術範囲が小さければ翌日から通常の生活に戻れることもあります。

フェイスリフトの施術後の痛みに対するケアや注意点

フェイスリフトの施術中は麻酔が効いていても、当然、麻酔が切れれば痛みを感じるようになります。医師から処方された痛み止めを服用し、指示に従ってください。また、飲酒、喫煙、激しい運動などを行うと腫れがひどくなったり、悪化して感染症を引き起こしたりする危険を生じます。医師のOKが出るまでは、上記のような行為は控えるようにしましょう。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド