沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・豊胸編 » 豊胸の効果は?メリット、デメリットとともに解説

豊胸の効果は?メリット、デメリットとともに解説

豊胸にはどのようなメリット・デメリットがあるのか?その効果について解説します。

豊胸のメリット・デメリットについて

豊胸バッグのメリット

豊胸バッグを挿入するメリットは、自分の希望に合わせたバストサイズにできることです。大きなサイズにすることも可能なため、胸のサイズで悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。

豊胸バッグのデメリット

豊胸バッグのデメリットは、形やバランスが不自然になりやすいという点です。胸の中に何かが入っている感触に、違和感を覚えることもあるかもしれません。小さなバストサイズの方が豊胸バッグでのバストアップを狙う際は、不自然にならないかどうか注意するようにしましょう。10人に1人程度ですが、バストが硬くなる症状が出る場合もあります。カプセル拘縮(こうしゅく)といわれる後遺症で、シリコンバッグという異物から身体を守ろうとして起こる反応のため、避けがたいリスクだとされています。

ヒアルロン酸注入のメリット

注射をするだけで、短時間に行える簡単な豊胸として人気なのが、ヒアルロン酸の注入です。見た目にも感触的にも自然な仕上がりになるため、比較的気軽に受けやすい豊胸の施術です。施術の際は、ヒアルロン酸の量を適度に加減できる医師を選ぶことが重要です。0.5~1カップほどバストアップしたい方には、打ってつけの豊胸だといえるでしょう。

ヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸注入のデメリットの一つに、過度の注入によってバストの感触が硬くなってくることがあります。ヒアルロン酸の粒子の大きさが影響して引き起こされる問題であるため、豊胸の際のヒアルロン酸注入量は、最大でも100ccに留めておくのが望ましいという説もあります。もう一つのデメリットは、ヒアルロン酸は時間が経つと体内に吸収されてしまうという点です。ヒアルロン酸は、半年ほど経つと自然に体内に吸収されてしまいます。効果を維持するには定期的にヒアルロン酸を注入する必要があるのです。

脂肪注入のメリット

脂肪注入による豊胸のメリットは、大きなサイズでも無理なく自然に仕上げられるという点です。3カップほどバストアップしたい場合でも、複数回に分けて施術を行えば、ごく自然な豊胸効果に期待できます。その仕上がりは、見た目にも感触的にもわかりにくく、豊胸手術をしたとは思えないほどです。それらの理由から、豊胸手術の中でも非常に人気の高い方法です。

脂肪注入のデメリット

脂肪注入では、まず自分の身体から脂肪吸引を行なう必要があります。そのため、費用面、身体面の負担が大きくなるというデメリットがあります。また、脂肪注入だけでなく、脂肪吸引術の腕も良い医師を選ぶ必要が出てきます。さらに、一度の手術では、バストアップのサイズに限度があることも理解しておきましょう。一回に1.5~2カップほどのバストアップが最も適しており、一度の大量の脂肪注入をしても身体に生着しないことが医学的にわかっています。急激なバストアップを狙うとしこりが発生しやすいため、注意が必要です。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド