沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・金の糸編

沖縄の美容整形外科ガイド・金の糸編

お肌カテゴリ_イメージ_画像

美容整形外科での金の糸の仕組みについてどんなものなのかを知っておきましょう。

金の糸

金の糸は、体内に金を埋め込むことで美容効果を得る整形法です。金の糸美容について紹介していきます。

金の糸の仕組みについて

金の糸はゴールデンリフトとも呼ばれ、糸状の純金を体内に埋め込む美容整形法です。表皮の下にある真皮層に金の糸を埋め込むと、エイジング対策や美白効果、ニキビ跡の改善などに効果が期待できます。じつは金の糸は、古代エジプトのミイラに金の糸が残されていたことがきっかけで始まったといいます。

金の糸の仕組みは、真皮層に格子状に金の糸を埋め込むのが特徴です。体内で溶ける糸を、補助として、金の糸と一緒に埋め込む方法が一般的です。なぜ美容効果が出るのかというと、金の糸を埋め込んだ周辺の組織が傷つくことで、創傷治癒効果を発揮し、異物を押し出そうとする免疫反応が出るためだといわれています。

免疫細胞の一種マクロファージが金の糸周辺に集まり繊維芽細胞を刺激すると、真皮層でコラーゲンやエラスチンが多く作られます。すると、肌のハリをアップさせることや、たるみやシワの改善、シミやニキビ跡の改善につながるのです。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド