沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・唇整形編 » 唇整形の効果は?メリット、デメリットとともに解説

唇整形の効果は?メリット、デメリットとともに解説

耳整形にはどんな効果があるのか?メリット・デメリットに分けて解説します。

「唇整形のメリット・デメリット」について

唇を薄くする整形のメリット

ぽってりとした厚みある唇は、セックスアピールがあって魅力的にも感じられますが、いきすぎてしまうとタラコ唇などと呼ばれコンプレックスを感じることもあります。バランスの良い薄さの唇にすることで、より魅力的な印象を与えることができます。ただし、薄すぎる唇も幸薄い印象に見られかねないため、自分に合った絶妙なバランスにデザインすることが大切です。

唇を薄くする整形のデメリット

唇整形では、薄くした唇を元に戻すことはできません。これは、唇の一部を切除して縫合するためです。そのため、どのくらいまで唇を薄くするかは、あらかじめ医師とよく相談することが大切です。見た目の印象に大きく関わる問題ですから、慎重に厚みのバランスを追求しましょう。半永久的な効果がメリットになる反面、元に戻せないことがデメリットとなり得るのです。

唇を厚くする整形のメリット

唇が薄いと、冷たい印象に見られてしまうことがあります。幸福感が薄いような印象にとられることもあり、見た目で損をしてしまうことがあるでしょう。唇整形のメリットは、厚みをもたせることでふっくら魅力的な唇を作り、セクシーな印象を与えられるという点です。ヒアルロン酸注入や脂肪注入など施術の選択肢もあり、より自分に合った方法で唇整形をすることができます。特にヒアルロン酸注入は気軽に行いやすく、一定の期間での唇整形が可能です。実際に唇整形でどのくらいメリットを得られるのか試してみることができるのも、ヒアルロン酸注入の特徴です。

唇を厚くする整形のデメリット

唇整形のデメリットは、ヒアルロン酸注入の場合1年ほどで効果が薄れてしまうという点があげられます。脂肪注入では、まず脂肪を吸引する必要があることをデメリットに感じる方もいるでしょう。また、術後の腫れが1~2週間出ることがあり、生着率は注入量の約半分という点にも注目です。

ガミースマイル整形のメリット

ガミースマイルを唇整形するメリットは、歯茎がほどよく出るバランスを整えることができる点です。耳介軟骨移植手術を選べば半永久的な効果が得られますし、切除した耳介部分は復活するので問題ありません。ボトックス・ボツリヌストキシン注入による唇整形のメリットは、メスを入れずにガミースマイルを治療できる点です。約半年の持続効果を得られるため、繰り返し行えば、半永久的に唇整形の作用を感じることが可能です。

ガミースマイル整形のデメリット

ガミースマイルを唇整形するデメリットは、耳介軟骨移植手術の場合、体にメスを入れる必要があるということです。5日程度、腫れが出る可能性もあります。メスを入れずに済むボトックス・ボツリヌス注入の場合は、気軽に行えて腫れも出にくい反面、持続効果が限られるため、繰り返し施術を行う必要が出てくることもあります。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド