沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・二重整形(目元)編 » 二重整形の効果は?メリット、デメリットとともに解説

二重整形の効果は?メリット、デメリットとともに解説

二重整形にはどんな効果があるのか?メリット・デメリットに分けて解説します。

二重整形のメリット・デメリットについて

切開法のメリット

切開法のメリットとして、実際にまぶたを切るため、効果が長続きするということがあります。アイプチやテープなどで二重にしていると色素沈着などのトラブルが生じやすく、長期的な視点で見るとまぶたへの負担は大きくなるでしょう。切開法を行うということは、まぶたへの負担を減らすことに繋がります

また、メスを入れる際に脂肪を取ったりするなど、他の整形手術も兼ねて行うことが可能なため、複数の整形を考えている人にとっては少ない負担で行えることもメリットとなります。 ただし、脂肪の除去を行うのは、眼窩(がんか)脂肪が多い患者さんだけです。必要以上に脂肪を取り除いてしまうと、年齢を重ねた時にくぼみ目になってしまうというリスクがあります。

切開法のデメリット

切開法は実際にメスを入れるため、まぶたの腫れが長期間続きます。実際、3週間ほど腫れが続くことが多いため、長期の休みが取れる時や人前に出る機会がない時など、実施する時期を見極める必要があるでしょう。また、腫れが強くなるとまぶたがしっかりと閉じず、寝ている間でも少し目が開いてしまうという方もいます。多くの場合、腫れが引いてくれば解消されるものです。

また、実際に切開をして二重にするため、傷の治り方や腫れの引き方によって、完成した際に左右の大きさが異なる場合があります。それを修正するには追加の手術が必要になってしまうことは、心に留めておきましょう。まぶたの脂肪が多い場合には、脂肪を除去する手術も一緒に行われます。この際に脂肪を取り過ぎてしまうと、将来くぼみ目になってしまうこともあるため、医師としっかりと相談することが大切です。

埋没法のメリット

埋没法は、切開法と異なり直接メスを入れるわけではないので、短時間で施術が終了するという特徴があります。また、腫れも3日ほどで引いてくるため、施術後長く日を置かずにメイクも可能となり、週末に行えば週明けからは普段通り仕事をすることも可能です。また、仕上がりが気に入らなかった場合には、糸を外せば元に戻せます。切開法よりも料金も安価なため、お試しでやってみることもできる美容整形なのです。切開法では、腫れが引くまでに時間がかかり、効果を実感するまで相当な期間がかかりますが、埋没法であれば腫れが引くまで短いため、効果をすぐに実感できるという利点もあります。

埋没法のデメリット

埋没法は、糸でまぶたを持ち上げるだけなので、施術が短時間で終わるというメリットがありますが、そのぶん糸が切れてしまったら元に戻ってしまうというデメリットもあわせ持っています。おおよそ3年~5年で効果は終了するといわれるため、その点は留意しておきしましょう。また、まぶたに脂肪が多い人は、糸でまぶたを持ち上げても二重になりづらいといわれています。花粉症がひどい人やアトピーを持っている人も、目をこする習慣から糸が切れやすい傾向にあります。そのため、これらの条件に当てはまる人は埋没法とは違ったアプローチが向いている可能性もあるため、医師とよく相談することが大切です。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド