沖縄の美容整形外科・完全ガイド

お悩み解決Q&A

沖縄での二重手術について、Q&Aをまとめてみました。

沖縄で二重手術にかかる費用やダウンタイムは?

二重手術について多くの人が疑問に思うことをまとめてみました。

Q.1沖縄での施術費用の平均はどのくらい?

吹き出し アイコン二重手術にはいろいろな方法があります。埋没法や切開法、脱脂法など。それらを組み合わせることもあります。そのため、人によって費用はまちまちになるかと思いますが、平均だいたいどのくらいかをお伝えしたいと思います。

  • 埋没法:7~9万円ほど(10万円かからないクリニックが多いようです)
  • 切開法:目頭、目尻、部分、全切開などいろいろな切開法があるのでなんとも言えませんが、20~30万円ほどをみておくと良いかと思います。

ちなみに、脱脂法は、切開法と組み合わせることも多く、それだけの費用を出しづらいようです。

Q.2手術前の注意点とは?

吹き出し アイコン前日からお酒とたばこは禁止となります。

Q.3当日の注意点は?

吹き出し アイコン麻酔を擦る場合、歩きやすい靴にしたり、車やバイク・自転車には乗らないようにする必要があります。

また、普段コンタクトの方も当日はメガネにしていったり、気になる方は帽子やマスク、サングラスを持参すると良いでしょう。

Q.4ダウンタイムはどのくらい?

吹き出し アイコン整形をしたこと、周りに気付かれたくないと感じている方も多いかと思います。この団体無も個人差があると同時に、手術を担当する医師の技術にもよるところがあります。上手い医師が行えば、自然な仕上がりになるだけでなく、ダウンタイムが短かった、あまり腫れなかったなんて話もよく聞きます。

埋没法の場合はメスを使用しないこともあり、長くても1週間ほど、短いと数日で腫れが引くことが多いようです。ただし、埋没法でも最初のうちは若干の不自然さが残り、時間の経過とともに自然な仕上がりになっていくようです。とは言っても、メガネで隠せるほどの違和感で済むようです。

全切開の場合はやはり傷をつくりますので、腫れも強くでます。半月から1ヵ月は周りの人に気付かれる程度の状態と思っておいた方が良いかと思います。

脱脂法の場合、だいたい3日ほどで強い腫れはひきますが、それでもまだ腫れは続きます。1~2週間はぼんやり腫れている状態となります。

Q.5術後の生活で気を付けることは?

吹き出し アイコン埋没法の場合は、そこまで制限はありませんが、切開法の場合、メスを使用した外科手術になりますから、腫れが強く、長く続くだけでなく、生活にも制限が出てきます。

翌日から顔を洗うかと思いますが、その際目元を濡らさないように気を付けながら行います。(抜糸するまで)入浴も1週間は避ける必要があり、目元に気を付けながらシャワーで済ませる必要があります。

水分の摂りすぎやお酒、タバコも注意しましょう。もちろん、運動も数週間は控える必要があります。出来る限り目元を刺激しないようにしつつも、炎症を起こさないように清潔に保つ必要があるのです。そのため、水泳なども当然やめるべきですよね。

メイクに関しても、やはりアイメイクは控えなければいけません。コンタクトレンズに関しては、医師に確認してから使うようにしましょう。

こういった細かい制限がいろいろと出てくるかと思いますが、医師の指示に従えばトラブルなく術後を過ごせます。一番のコンプレックスが解消できるわけですから、1ヵ月は頑張りましょう。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド