沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・耳整形編 » 気になる耳整形の痛みについて

気になる耳整形の痛みについて

耳整形の施術の痛みについて

立ち耳整形では、埋没法と切開法のどちらでも局所麻酔を使って施術を行うため、痛みを感じることはないでしょう。局所麻酔を打つ前にも、麻酔クリームを塗布するのが一般的なので麻酔の注射針の痛みもほとんどありません。また、静脈麻酔を使用してもらえば、眠ったまま施術を受けることもできます。

施術中の痛みを抑える方法はある?

前項で上述の通り、麻酔をしてから施術を行なうので痛みはほとんど感じられません。麻酔の種類は、主に6種類。局所麻酔、全身麻酔、静脈麻酔、笑気ガス麻酔、クリーム麻酔、硬膜外麻酔。他にもたくさんありますが整形外科によって使用する麻酔は異なります。カウンセリング時にどんな麻酔を使うか相談してみるのもいいでしょう。

耳整形の施術後のダウンタイムについて

施術当日はテープとガーゼで1日保護されます。 施術後の痛みについては、切開法では注意が必要です。腫れや内出血が起こる可能性があり、その場合は痛みも伴ってしまうでしょう。鈍痛やツッパリ感が生じますが、1週間程度で治まります。 また、外科手術になるため、古傷が傷むという現象が起きることもあります。

耳整形の施術後の痛みに対するケアや注意点

施術当日から化粧するのは問題ありません。シャワーは3日目から浴びることができます。入浴に関しては施術から1週間経ち、抜糸を行なった後から可能になります。ただし、施術箇所は濡れないように注意が必要です。個人差がありますので、施術担当スタッフからの説明をしっかり守るようにしましょう。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド