沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・ほくろ除去編 » 気になるほくろ除去の痛みについて

気になるほくろ除去の痛みについて

ほくろ除去の施術の痛みについて

何とかしてほくろ除去をしたいが、痛みについて心配という人も多いでしょう。ほくろ除去の痛みには個人差がありますが、麻酔の時にジーンとするような痛みがくる可能性もあります。ただし、麻酔によって施術中の痛みを大幅に軽減することで、ほくろ除去をスムーズに行えるのです。麻酔の痛みを乗り越えることがほくろ除去の第一歩といえるでしょう。

施術中の痛みを抑える方法はある?

ほくろ除去にはいくつかの治療方法がありますが、いずれの場合も麻酔をかけることがほとんどなので、施術中の痛みは感じません。麻酔のための注射が痛いという意見はよく聞きますが、注射による麻酔の前に、麻酔効果のあるクリームを使うなど、痛みに配慮したクリニックもあるようです。痛みに弱い人は、カウンセリングの際によく話し合っておきましょう。

ほくろ除去の施術後のダウンタイムについて

ほくろを除去した後は、2~3日でかさぶたになり、1~2週間ではがれることが多いです。さらに、ほくろを除去した部分の赤みやへこみが目立たなくなるまでは、治療法によって1~3ヶ月以上かかります。患部を避ければすぐにメイクすることもできますが、患部にもメイクしたい場合には1週間ほどは待った方が良いでしょう。

ほくろ除去の施術後の痛みに対するケアや注意点

施術後、麻酔が切れると痛みを感じるようになります。大抵は医師から痛み止めの薬を処方されるので、それを飲むようにしてください。また、ほくろ除去を行った傷跡には、クリニックから渡される保護テープを貼りましょう。出血や痛みから患部を守り、傷口に菌などが入って感染症を引き起こすことも予防できます。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド