沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・涙袋整形編 » 涙袋整形の効果は?メリット、デメリットとともに解説

涙袋整形の効果は?メリット、デメリットとともに解説

涙袋整形にはどのようなメリット・デメリットがあるのか?その効果について解説します。

「涙袋整形のメリット」について

若々しく、愛くるしい目元にしたくて涙袋整形の施術を考える方も多いでしょう。涙袋整形を行うメリットには、目元が愛らしくなる ということがあります。しかし、それだけではありません。美容整形外科での涙袋整形は、デザインを自由に変化させることが可能なのです。

涙袋整形は、目とのバランスを考えて施術を行う必要があります。これは、涙袋の形が顔全体の印象に大きく影響を与えるためです。そのため、どのようにデザインするかが重要であり、涙袋の縦幅が広がらないように、前方に出るように、内側や中央や外側など部分的にふくらませたいなどに気をつけバランスが取れた目元を目指しましょう。

美容整形外科で行っているヒアルロン酸注入での涙袋整形では、鏡を見ながら少量ずつヒアルロン酸を注入していくという方法もとられています。この方法で施術を進めると、細かい要望に沿った涙袋整形が実現します。女性らしい目元にしたい、優しい表情にしたいなど、自分が望む涙袋を手に入れて自分の魅力を際立たせることが可能です。

また、施術時間が10分程度というのも、涙袋整形のメリットです。術後に通院する必要もなく、一度だけ美容整形外科で施術を受ければ理想が叶うというのは、普段忙しい方にとっても嬉しいポイントといえるでしょう。術後の腫れも、ほとんどの場合心配ありません。メイクや洗顔も当日から可能なため、美容整形外科に行った後に、マスクなどで隠す必要もありません。すぐに普段通りの生活ができるため、整形を受けたことが周りに知られる可能性は低いです。また、施術はクリーム麻酔をするため、ヒアルロン酸を注射するときの痛みも感じずに済みます。

「涙袋整形のデメリット」について

涙袋整形のデメリットは、ヒアルロン酸注入での施術の場合、その持続性が考えられます。切開をするわけではないため、半永久的な効果は望めないのが特徴です。涙袋整形のために注入したヒアルロン酸は、2~3年もすると体内に吸収されていきます。もともと体内に存在する成分ですから、ヒアルロン酸が吸収されること自体は全く問題ありません。

しかし、涙袋整形の効果が薄れてしまうことは、半永久的な結果を求める方にとってはデメリットだといえます。継続的にヒアルロン酸注入を行えば良いのですが、定期的に施術費用がかかるのは負担となってしまうでしょう。

涙袋整形を受ける方では、目の真下にヒアルロン酸を注射するのが不安という人も多いです。クリーム麻酔をするため痛みの心配はないものの、注射が苦手な人にとってはなかなか勇気が出ないかもしれません。

また、涙袋整形をしたことで、年を取ってから老け顔になってしまうことを心配する人もいます。若い頃には愛くるしさの象徴だった涙袋も、高齢になると目のたるみとして捉えられかねません。しかし、ヒアルロン酸注入による涙袋整形であれば、そのような心配は不要です。先ほど紹介したようにヒアルロン酸注入を行っても、2~3年もすれば体内にヒアルロン酸が吸収されていきます。それに伴い涙袋整形の効果が薄れていき、涙袋は元の形に戻ります。自然な流れでヒアルロン酸が吸収されるため、涙袋が将来的に目のたるみにつながることはないでしょう。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド