沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・フォトRF編 » フォトRFの効果は?メリット、デメリットとともに解説

フォトRFの効果は?メリット、デメリットとともに解説

フォトRFにはどのような効果があるのか、メリット・デメリット両方の面から解説します。

フォトRFのメリットについて

フォトRFのメリットは、肌全体を若々しくよみがえらせるような効果を期待できるという点です。光エネルギーと高周波エネルギーという2つの異なるパワーを組み合わせることにより、それぞれの持つメリットを最大限に活かすことが可能になります。そのため、シミやそばかすを改善する美白効果だけでなく、肌に透明感を出してハリを与える効果も見込まれるのが魅力です。肉眼では認識できないようなシミの予備軍を退治できるのも、フォトRFのメリットの一つ。皮膚の代謝がアップして、つやつやイキイキとした肌に出会うことができるでしょう。

毛穴の開きが気になっている方も、フォトRFの施術でメリットを得られます。レーザーによって毛穴が縮小し、肌のキメを整えてくれるためです。肌のキメが整ってくると、小じわやたるみも改善されてきます。コラーゲンが増えてくることから、内側からふっくらとしたハリが出てきて、若々しい肌への変化を感じることができるでしょう。

フォトRFは、わずか10~15分ほどで施術が完了します。直後から洗顔やメイクが可能のため、しっかりメイクを整えて帰宅することができます。ダウンタイムの短さは、ニキビやニキビ跡治療にもメリットがあるでしょう。また、フォトRFは医療機関でしか扱えない美容機器なので、医師のもとで施術を受けられるのも安心です。効果の持続期間は大体3~4週間で、定期的に施術を受けるようにすれば、継続的に効果を得られます。

フォトRFのデメリットについて

フォトRFのデメリットは、それほど多くありません。注意しておきたいのは、施術直後に直射日光にあたることです。施術後の肌はバリア層が敏感になっているため、紫外線のダメージをもろに受けてしまう可能性があります。せっかくフォトRFの施術をしたのに、日を浴びてしまっては逆効果になる恐れもあるため、十分に注意しておきましょう。また、施術後にシミやそばかすが一時的に浮き上がってくることもあります。これは1週間程度で引いてくるので、心配ありません。

フォトRFのデメリットとして、他のレーザー治療より費用が高額という点もあげられます。光IPLと高周波RFという2大エネルギーを同時に照射できる美容マシンであることから、効果も高いだけに費用もそれなりになってしまうのです。そのうえ、効果の持続時間は半永久ではなく3~4週間程度というデメリットもあります。定期的に通うにはさらに料金がかかるため、費用負担についてじっくり検討する余地がありそうです。

もう一点、フォトRFのデメリットといえそうなのが痛みについてです。フォトRFの痛みは、輪ゴムではじかれた程度だと表現されることが多いのですが、これには個人差があります。個人によって刺激の感じ方は異なるため、輪ゴムではじかれた程度と受け取るか、もう少し刺激を感じるか、逆に大した刺激に思わないかは、人によって違ってきます。トライアルを設定している美容整形外科も多いため、医師とよく相談して少しずつ施術してもらう手もあるでしょう。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド