沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・ピアス穴あけ編 » ピアス穴あけの効果は?メリット、デメリットとともに解説

ピアス穴あけの効果は?メリット、デメリットとともに解説

ピアス穴あけにはどのようなメリット・デメリットがあるのか?その効果について解説します。

ピアス穴あけのメリットについて

セルフで行う方法

セルフで行う方法のメリットとしては何より安いことです。ピアッサーやニードルを用意するだけであり、1,500~3,000円程度で開けることができます。

美容外科に依頼する方法

美容外科に依頼する方法のメリットは、施術が安全に行われることです。これは後々のケアについて考慮すれば当然のことですが、医療機関で行う施術は安全性を意識しています。ピアスを開けるということは、身体の一部分に穴を開けることでもある以上、痛みはできるだけ少ないほうが良いでしょう。穴を開ける場所によっては、施術前に麻酔をしてもらえます。これなら痛みのことで心配している人でも安心できるでしょう。

アレルギーの検査や衛生面での管理についても、入念に行われています。万が一皮膚のトラブルが起こったとしても、専門知識を持ったプロのスタッフが適切に対処をしてくれます。穴を開けた後にケアをすることも必要になりますが、これも先生からアドバイスをもらえるため、安心です。

また、穴の位置がずれてしまうことがないのもメリットといえるでしょう。セルフで両耳に開ける場合、位置がずれてしまうことがありますが、美容外科に依頼する方法であれば左右対称にすることができます。

初めてのピアスだからこそ、医療機関に通って安全に行いたいもの。独断で穴あけをしたために皮膚トラブルが起きたという話も、決して珍しくはありません。そうならないようにするためにも、専門スタッフの力を上手く借りるのがおすすめです。

ピアス穴あけのデメリットについて

セルフで行う方法

セルフで行う場合は、ピアスホールの破損があげられます。これはピアス穴あけをした人全員がなるというわけではなく、ホールを開けた場所やピアスの重さなどによって結果が左右されます。例えば、ホールの場所が耳の先に寄っていたり、ピアスホールがピアスの重さに耐えられなかったりすると、そのまま穴が壊れてしまうのです。

また、美容外科に依頼する方法と比べて失敗してしまう可能性が高いです。これは、自分の思った位置で穴を開けられなかったり、ピアッサーの角度が斜めになってしまったりするためです。

そのほか、アフターケアについても注意が必要です。セルフで行う方法と美容外科に依頼する方法でアフターケアに違いはありません。そのため、正しくアフターケアを行っていれば化膿や炎症が起こる可能性は低いです。しかし、アフターケアの仕方を教えてくれる美容外科と比べて、セルフでは間違った方法を採りやすくなります。そのため、トラブルが起こりやすいともいえるでしょう。

美容外科に依頼する方法

美容外科に依頼する方法のデメリットとしては、費用がかかることがあげられます。病院によっても変わりますが、両耳だと7,000~10,000円ぐらいが相場です。

また、先生の技術によってはきれいに穴が開かない場合もあります。美容外科で行えば必ずきれいに開けてくれるということではないため、事前に調べておくことが大切です。ピアスの穴あけの実績や詳細な施術方法が記載されている病院であれば安心といえるでしょう。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド