沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・脂肪溶解注射編

沖縄の美容整形外科ガイド・脂肪溶解注射編

ボトックス注射 イメージ 画像

脂肪溶解注射(メソセラピー)で評判の沖縄の美容整形外科情報をまとめています。

脂肪溶解注射を受けるならどこ?沖縄の美容整形外科なび

特殊な溶剤を注射することで脂肪を溶かし、排泄させるため、特に部分痩せのための施術として注目されている脂肪溶解注射。

そもそも脂肪溶解注射とは?どのような成分を使っているのか、どのくらいの回数行うのか、副作用はあるのか、どのように効果が出るのかなど詳しく調査しています。

美容整形外科で行う痩身の代表格である脂肪吸引に比べてダウンタイムも少なく、気軽にできる施術です。ただし、施術をするにあたっては信頼できるドクターを見つけることが重要です。

そのため、カウンセリングは必ず数院行き、口コミも確認したうえで施術に挑みましょう。アフターフォローなどがちゃんとしていたり、もしものときの対応も確認しておくと安心です。

ここでは沖縄で脂肪溶解が受けられるクリニックも、口コミと共にいくつか紹介していますので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

沖縄で脂肪溶解注射を受けられるクリニック

東京美容外科
住所 沖縄県那覇市牧志2-1-6 ブレスビル2F 東京美容外科 ホームページ  画像
診療時間 10:00~19:00
休診日 年中無休
施術内容 7cm×7cm/1回
ABCレディースクリニック 沖縄院
住所 沖縄県那覇市おもろまち4丁目17-15 AIビル5階 ABCレディースクリニック ホームページ 画像
診療時間 10:00~13:00/14:30~18:00
休診日 不明
施術内容 詳細不明
新垣形成外科
住所 沖縄県宜野湾市字宇地泊729 新垣形成外科 ホームページ 画像
診療時間 10:00~13:00/14:30~18:00
休診日 木曜、日曜、祝祭日
施術内容 10cm×10cm/3回セット
芦屋アイクリニック 沖縄那覇院
住所 沖縄県那覇市おもろまち4丁目17-21 ケイエムビル3F 芦屋アイクリニック ホームページ 画像
診療時間 11:00~20:00
休診日 年中無休
施術内容 10cm×10cm/1回

脂肪溶解注射とは?

お腹 画像年齢とともにお腹に脂肪がついてとれない方や、下半身太りに悩まされている方は少なくないかと思います。ダイエットしてもなかなか痩せない、でも脂肪吸引は怖くてできない、なんて方に人気を集めているのが脂肪溶解注射です。

気になる部位に注射するだけなので10分前後で施術終了という気軽さや、成分の安全性、効果の高さ、価格の安さなどが注目されている理由です。

では、そもそも脂肪溶解注射とはなんなのか?

それは、ダイズ成分であるレシチンと、Lーカルニチン、それからキシロカインの3種類が一般的と言われています。この3つの成分を注射するのです。

レシチンは、代謝作用を調整することで、脂肪細胞にある中性脂肪を遊離脂肪酸へ変換させ、血液に積極的に送り出してくれます。

つまり、分解の役割をしてくれるわけです。これをしないと、脂肪はなかなか燃えてくれないので、大きなきっかけとなります。

そして、L-カルニチンは、レシチンが変換させた遊離脂肪酸を燃やすために焼却炉となるミトコンドリアへ運搬していってくれるのです。

ゴミとなって蓄積された脂肪の欠片をひたすら焼却炉へ投げ込んでくれるわけです。これがないと、ゴミとなった遊離脂肪酸は再び元の場所へ戻って脂肪となってしまいます。

もうひとつのキシロカインは、麻酔薬としての働きを持つため、それ自体に痩身への効果があるわけではありません。

2~3回注射すれば大きな効果を目で見て実感できるそうで、高い効果が得られると言えます。なのに、副作用の心配もないため、自分の力で痩せられないけれど痩せたい、大掛かりな手術はしたくないけれど人の手を借りてなんとかしたい人にぴったりの施術法です。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド