沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・サーマクール編 » 気になるサーマクールの痛みについて

気になるサーマクールの痛みについて

サーマクールの施術の痛みについて

サーマクールの痛みは、個人によっても感じ方が異なります。高周波ラジオ波を照射すると、肌に熱が伝わるため、痛みを感じることもあるでしょう。最新機種では、バイブレーションによって痛みを抑えることが可能になっています。また、施術直後にクールダウンすることによって、痛みを軽減することも可能です。施術後は肌が乾燥してダメージを受けやすいため、トラブルを避けるには保湿も欠かせません。

施術中の痛みを抑える方法はある?

サーマクールによる痛みの感じ方には個人差がありますが、熱による痛みを感じることも。しかし最新のサーマクール機器では、バイブレーション機能を使って照射時の痛みを軽減するようになっています。ほかにも出力レベルを調整したり、クリニックによってはクリームなどで麻酔をしてくれたりする場合もあるので、痛いと感じたらすぐ相談してみましょう。

サーマクールの施術後のダウンタイムについて

サーマクールは基本的にダウンタイムがなく、終わったらすぐにメイクをすることができます。施術直後にはヒリヒリすることがあるかもしれませんが、ほとんどの場合腫れや痛みが残るようなことはなく、もし生じた場合でも1日以内に治まることが多いようです。ただしダウンタイムにも個人差があり、体質によっては1週間以上腫れが続いた、というまれなケースも。そういった場合には医師に相談してみるといいでしょう。

サーマクールの施術後の痛みに対するケアや注意点

サーマクールは痛みが出にくい治療法ですが、施術後の肌はとてもデリケートな状態になっています。そのため、油断すると痛みや腫れが生じてしまう可能性も。そのような事態を防ぐためには、入念なアフターケアが重要。肌が乾燥しないための保湿ケアや、強い日差しを避けるなどの紫外線対策を行うことも有効です。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド