沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・ウルセラ編 » ウルセラの効果は?メリット、デメリットとともに解説

ウルセラの効果は?メリット、デメリットとともに解説

ウルセラにはどのような効果があるのか、メリット・デメリット両方の面から解説します。

ウルセラのメリットについて

ウルセラのメリットの一つに、美肌の根源であるコラーゲンの生成を促してくれることがあります。最適な温度の照射により、再生しやすくなったコラーゲンは、皮膚に弾力をもたらし、たるみやしわの改善につなげることが可能です。

メスを使用しないフェイスリフトとの呼び名もあるウルセラは、施術が始まると温まったコラーゲンを収縮させます。これにより、表在性筋膜が引き締まり、スピーディーなリフトアップ効果を期待できるのです。コラーゲンは、熱で収縮したところを回復しようとして、新しいコラーゲンを生み出します。これこそコラーゲンの再生効果で、コラーゲンが増えることにより、たるみを改善していく仕組みになっています。たるみが減少すればリフトアップ感が増し、数ヶ月もすれば引き締まったフェイスラインを手に入れられるでしょう。

また、ウルセラのメリットとして、ほうれい線を引き上げたり、まぶたを持ち上げたりといった個々の悩みを解決できるという点にも注目です。顔のたるみは様々な箇所に現れるため、頬だけでなく、顎の下や目の周りなどにもウルセラを照射すると効果的です。フェイスラインが引き締まってくれば、小顔効果が見込まれ全身のバランスもよくなってきます。

施術後は、すぐにメイクが可能です。メスを使用せずに、短時間でリフトアップのメリットを得られるため、気軽に施術を受けやすいのも特徴といえます。熱による痛みが心配な方には、麻酔クリームを塗ってもらうこともできるため、事前に相談してみましょう。美容整形外科にもよりますが、冷却しながら熱のダメージを抑えつつ、施術してもらえるのが一般的です。

ウルセラのデメリットについて

ウルセラのデメリットといえば、まず費用が高額な点があげられます。ウルセラの効果は他のフェイスリフト方法よりは比較的長く持続しますが、半永久的ではありません。そのため、フェイスリフトした状態を継続させるためには、4~6ヶ月間隔など、定期的な施術を受ける必要があります。すると料金がさらにかさんでいくため、費用負担については慎重に検討したほうがよいでしょう。

ウルセラは高密度なエネルギーを肌に直接照射するため、熱による刺激が肌に伝わります。感覚には個人差がありますが、人によっては痛いと感じてしまうでしょう。熱による刺激がダメージにならないように、施術後にはすぐに肌を冷やして、乾燥を防ぐために保湿ケアをすることが大切です。それらのアフターケアは、美容整形外科で行ってくれるのが一般的です。アフターケアの仕方が丁寧かどうかも、美容整形外科を選ぶときに重要なポイントです。なかには、アフターケアがいまいちで、ウルセラの施術全体がよくない結果になってしまうケースもあります。

ウルセラの超音波エネルギーは、焦点が合った部分のみに集中的に熱が照射されます。代わりに、焦点が合っていない部分には、ほとんどエネルギーが照射されません。しかし、効果を上げようとしてパワーを最大限にすると、熱量が強くなってしまうため、肌にダメージを与えてしまうこともあります。なかなか加減が難しいウルセラですが、施術を受けたいと考えた際には扱いに慣れている医師を選ぶことが重要です。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド