沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・わきが治療編

沖縄の美容整形外科ガイド・わきが治療編

ボディカテゴリ_イメージ_画像

わきが治療にまつわるいろはを解説します。仕組みについて理解しておき施術前の不安を解消しましょう。

わきが治療

わきがに悩んでいる人は意外に多いものです。お困りであれば、専門医に治療してもらうのも良いでしょう。ここでは、気になるわきが治療の方法を解説します。

わきが治療の仕組みについて

わきが治療とひとことにいっても、実は複数の方法があります。どれもにおいのもととなるアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などの汗腺を取り除くことを目的としていますが、やり方に違いがあるのです。
その方法は大きく2つに分けられます。医師が直接見ながら行う直視下手術法と、見ずに吸引などの措置によって取り除く非直視下手術法です。

直視下手術法

剪除法

もっともメジャーなわきが手術の方法です。脇の下を数センチ切り開き、見えている汗腺を取り除きます。取り除いた後はガーゼなどでしっかりと固定しなければなりません。

皮下組織削除法

脇の下を1センチほど切り開き、剃刀のついたローラーを転がして汗腺を皮下組織と一緒に削り取ります。剪除法と同様しっかりとにおいのもとを取り除くことができます。

非直視下手術法

皮下組織吸引法

脇の下に小さな穴をあけて管を指し、アポクリン腺などを吸引します。剪除法などに比べて施術の傷が小さくて済みます。

超音波吸引法

超音波の熱でアポクリン腺などを破壊しながら吸引します。非直視下手術法同様、傷が目立ちにくいところが特徴です。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド