沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄の美容整形外科ガイド・わきが治療編 » 気になるわきが治療の痛みについて

気になるわきが治療の痛みについて

わきが治療の施術の痛みについて

わきが治療には、残念ながらある程度の痛みが生じます。施術中は麻酔をしてもらうため痛みが鈍りますが、問題は麻酔が切れた後です。切開したり汗腺を取り除いたりしているので、痛みはもちろん伴います。剪除法などでは、ガーゼを皮膚に縫い付け固定しなければいけないことも。しかしながら、ずっと痛い状態が続くわけではありません。また、施術によっては痛みを感じにくいものもあるので、まずは医師に相談してみましょう。

施術中の痛みを抑える方法はある?

切開によるわきが治療では麻酔が使用されるため、施術中は痛みを感じません。多くの場合は局所麻酔が行われますが、希望すれば全身麻酔をかけてもらえるクリニックもあります。切開しない治療方法でも痛みが生じるものはあるので、痛みについて事前によく聞いておくと良いでしょう。

わきが治療の施術後のダウンタイムについて

ワキガ治療のダウンタイムは、選んだ治療法によって大きく異なります。切らないタイプの治療法であれば、当日、もしくは翌日から通常と変わらない生活に戻ることが可能です。切開手術を伴う治療法では傷口ができてしまう分、ダウンタイムは1週間以上必要になります。

わきが治療の施術後の痛みに対するケアや注意点

わきが治療施術後の痛みも、やはり治療法によってさまざま。中でも切開手術による治療の場合は傷口があるので、麻酔が切れた後は痛みを感じるようになります。医師から痛み止めなどが処方されている場合は、指示に従って服用してください。痛みや腫れに対しては保冷剤などで患部を冷やすことが有効ですが、痛みだけでなく傷口を清潔に保つことにも気を配るようにしましょう。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド